やせたい・綺麗になりたい・・・・・

やせたい人・綺麗になりたい人の情報・口コミや経験談などを紹介します!!

かかとのひび割れに保護フィルム


実際、かかとのひび割れを保護する保護フィルムというのはいくつかあって、まあその元祖とも言えるのがかかと用絆創膏みたいです。
なんでも「ひびわれ保護バン」というのが一番人気を集めているとの事。
Amazonや楽天市場などでかかとのひび割れ保護フィルムとして検索すると、上位にズラリと販売店舗が並びます。
まあそれで、確実にかかとのひび割れが治るのであれば、保護フィルムへの投資も悪くはないってか・・・。

かかとのひび割れに貼るといいと言われる絆創膏のようなかかと保護フィルム。
決して高価なものではありませんが、元々消耗品ですから、そこそこのコスパの悪さは否めないでしょう。
う~ん、確かにそれはその通りなのですが、逆に絆創膏というのがネックになる事も考えられませんか。
実際にこういう保護フィルムを使っている人って、その部分をどうされているのかしら。
それで、クリームとかローションとかを塗るとなると、保護フィルムが剥がれやすくなっちゃいそうでしょう。防水性に優れ、且つ油にもめげないような超強力な保護フィルムなら、問題なくかかとのひび割れケアは出来るだろうと思うんだけど・・・。

かかとのひび割れを保護する保護フィルム、悪くはないけど、今一使い勝手が私には悪いかもって感じ。
ただ、このかかと保護フィルムで傷口を保護したからと言って、それだけでかかとのひび割れが治るというものではないんでしょうけど・・・。
それこそかかとのひび割れケアに特化したソックスで、内側に保護フィルムを貼ったような形になっているのだとか・・・。
ほら、かかとのひび割れは保護フィルムで保護するにしても、それだけでは保湿面で不足しちゃいそうじゃないですか。
という事で、こうした靴下に組み込まれているような保護フィルムも含め、もう少し関連のブログやサイトでかかとのひび割れケアについて調べてみたいと思います。

ダイエット方法 トレーニング 成功ダイエット 

かかとのひび割れには乾燥肌対策が必須


そうする事で、来る冬場には、かかとのひび割れは勿論、ごわつきそのものが出ない可能性は低くありません。
やはり、目に見えた効果は低くても、万全の乾燥肌対策を足裏全体に施す事は必須だろうと思われますね。
そして、その代表格とも言える空気の乾燥が原因の肌トラブル、それが手荒れとかかとのひび割れなんですよね。
ただし、実際問題、カサカサに乾いた肌にいくらクリームやローションを塗っても、かかとのひび割れ部分だけが治らないという事はしばしば。
少し寒くなって、空気が乾燥して来た時点で、まずはかかとがガチガチになるという人も多いでしょう。
なので、出来る限りお肌に潤いを与えて上げるよう、乾燥肌対策に特化した保湿ローションやクリームを塗られる事をお勧めします。
という事で、今は関連のブログやサイトを参考に、かかとのひび割れ部分の傷と、周囲の乾燥をケアする事に励んで下さい。
ですので、まずは傷口を悪化させない事に徹し、何とか空気の乾燥の酷い時期を乗り切る事を考えましょう。
ですから、その古い角質層に出来るかかとのひび割れも治しにくいという事ですが、それでも、乾燥しっぱなしで放置しておくよりは全然まし。
それがその後のかかとのひび割れを悪化させるか落ち着かせるかの瀬戸際だと言っても過言ではないと私は考えますよ。

かかとのひび割れが出来てしまった以上、空気の乾燥が続く冬の間に完治させ、二度と起こらないようにする事は中々大変です。
そして、暖かくなって、血行も風当たりも柔らかくなった時点で、本格的なかかとのひび割れ対策を始めるのがお進め。かかとのひび割れが夏場より冬場の方が目立つのは、何と言っても空気が乾燥しているからに他ならないでしょう。
そう、足だって、年中ちゃんと乾燥肌対策を考えて上げないといけないんです。

かかとのひび割れの主な原因は、やはり空気の乾燥が原因の肌の乾燥。

ダイエット方法 トレーニング 成功ダイエット 
カテゴリー
  • ライブドアブログ